下剤ダイエットの効果と危険性

ダイエットには色々な方法がありますが、その中には安全性の高いものもあれば危険性を持つものまで様々となります。基本的にはエクササイズやウォーキングなどによりエネルギーを燃焼させ基礎代謝を高める方法と、食事制限や栄養素を吸収させずに痩せる方法に分かれます。食事制限によるダイエットは簡単で効果がありますが、リバウンドがあるためにお勧めできない方法となります。同じように下剤を使用した方法もありますが、栄養素を吸収させずに強制的に排出し太らないようにしていますので、効果は高く楽に痩せられます。下剤の仕組みは刺激を与えることで腸の蠕動運動を活性化させるのが一般的ですが、これにより消化吸収前の段階で便として体外に排出することが可能です。食事制限と同じ状況となりますので太らない環境を維持できますが、止めてしまうと元に戻るため一時的な効果となってしまう点に注意が必要です。また腸の蠕動運動を強制的に引き起こしますので、慢性化すると便秘になることもあります。ダイエットには基礎代謝を高めエネルギー消費量を高めることが基本となりますので、下剤だけに頼るのではなくエクササイズなど基本を抑えることが大切になります。実際にどの程度効果があるのかは人により異なりますが、強力な食事制限と同じですから食べても太らない状況があります。長く続ければ確実に痩せることが可能ですから、簡単で楽に痩せるには最適な方法と言えます。もちろん良いことばかりではなくリスクももちろんあるため、実践するにはリスクを知ってからにすることが大切です。下剤には強制的に蠕動運動を引き起こさせる効果があるため、慢性化すると腸の機能が低下し便秘になる場合があります。また腹痛を伴いますしトイレに通う頻度が高くなるため、仕事をしながらでは厳しい場合もあります。屋外でのレジャーなどトイレがすぐに利用できない場所でも問題が出てくるため、使う場所が限られてくると言えます。一時的に服用するには慢性化しないように注意すれば安全に使用できますが、慢性的に使用する場合には問題も出てきますので、使う人の理性やコントロールが必要になります。ダイエットには色々な方法がありますが、まったくリスクの無い方法はありませんのでできるだけ安全性の高い方法で進めることが大切です。下剤ダイエットを行う場合でも、エクササイズやウォーキングと組み合わせて健康的で効率よく痩せることが大切です。